東洋医学鍼灸ジャーナルに『M-Test-経絡と動きでつかむ症候へのアプローチ-』の書評が掲載されました

東洋医学鍼灸ジャーナルNovember 2012, Vol.29, P124 BOOKに『M-Test-経絡と動きでつかむ症候へのアプローチ-の書評が掲載されました。評者は矢野忠先生(明治国際医療大学鍼灸学部教授)。矢野先生には、第2回学術総会(2008年9月)で「鍼灸医学とタッチケア」というタイトルでご講演いただきました(第2回学術総会講演集をご覧ください)。書評は、矢野先生のわかりやすく温かいことばで綴られています。ぜひご覧ください。
東洋医学鍼灸ジャーナルNovember 2012, Vol.29:緑書房

追記:第6回学術総会についても本号P121に掲載されていますので合わせてご覧ください。

看護管理に『M-Test-経絡と動きでつかむ症候へのアプローチ-』の書評が掲載

看護管理 Vol.33-No.12, 2012 November, P1071 BOOK REVIEWに『M-Test-経絡と動きでつかむ症候へのアプローチ-の書評が掲載されました。評者は川嶋みどり先生(健和会臨床看護学研究所・所長)。第5回学術総会(2011年9月)では川嶋先生に「ケアのこころとわざの精錬」というタイトルでご講演いただきました(第5回講演集をご覧ください)。書評でも先生のとても温かいことばで綴られています。ぜひご覧ください。
看護管理 Vol.33-No.12, 2012 November:医学書院