下肢内外側・躯幹側面の動きに制限のある症例

第3章 M-Test(経絡テスト)に基づいた治療の実際
3-2.腰部・股・膝・足首に対する治療
3-2-3.下肢内外側・躯幹側面の動きに制限のある症例

仰臥位で図のように足首を内反し、痛みなどが誘発ないし増悪すれば、足関節周囲の胆経を刺激する。選択する経穴は、足臨泣、丘墟、懸鐘などである。効果が不十分なとき下腿の陽陵泉を追加する。次に図に示すように片方の膝を軽く屈曲した状態で、足首を対側の膝の上におき外転するいわゆるパトリックテストを施行する。この負荷で、制限感や痛みが出現する場合には、続いて膝を軽く屈曲した状態で股関節を屈曲し、そこで股関節の内旋および外旋を行う。パトリックテストのみで痛みが誘発される場合には、膝周辺の胆経の経穴である陽陵泉や風市ならびに肝経の曲泉や陰包を用いる。股関節の内旋・外旋でも痛みなどが誘発されるときには胆経の環跳などを用いる。下肢に対する負荷で症状の発現がないときや負荷に伴う症状が改善した後には、立位ないし椅子での坐位で側屈か腰の回旋動作を行う。痛みなどが誘発されれば、側腹部や殿筋部の伸展が制限されていると判断する。右への側屈が制限されていれば、左の側腹部の伸展が悪いと判断し、肝経の章門や胆経の京門を選択する。右を前に出す腰の回旋動作を負荷した際に痛みなどがあれば、右殿筋部に伸展負荷がかかると考え、右胆経の帯脈や五枢などを刺激の対象とする。急性腰痛の発症時に上肢にも負荷のかかる動作がなされている時には、胆経の同名経である上肢の三焦経も治療対象とする。中渚や外関などを取穴する。

図3-6 下肢内外側・躯幹側面の動きに制限のある症例
図3-6 下肢内外側・躯幹側面の動きに制限のある症例

ここで示した方法は単なる例であって、M-Test(経絡テスト)を用いた治療の構成には様々な工夫を導入でき、術者の経験に応じてどのようにでも使い分けることが可能である。